本文へスキップ

オーイーシーフレイトジャパン株式会社は、アジア・北米を中心に世界へひろがる国際物流ネットワークで貴社の貿易ビジネスをサポートします。

TEL. 078-327-1085

〒650-0024 神戸市中央区海岸通1丁目2-19
東洋ビル5階

北米向けサービスExport to USA

北米向けメガNVOCC

アメリカ向けコンテナ貨物取扱量世界3位の実績

○○○○○○○○イメージ

 2013年、OEC Groupは217,217本(20フィート換算)ものアメリカ向けコンテナ貨物をお取扱させていただきました。主に、日本や中国を含めたアジアからアメリカ向けの貨物です。これはNVOCCとしては世界3位の実績となります。
 この実績は、たくさんのお客様から信頼をいただいたことにより実現できたものだと考えます。本当にありがとうございました。
 よりたくさんのお客様からご利用いただけるよう、確実でよりお客様のお役に立てる国際物流サービスを目指していきます。引き続きどうぞよろしくお願いします。

※OEC Groupには2つのSCAC Codeがあります。
取扱量の合計は、OERT(196,909TEU) +SABC(20,308TEU) = 217,217TEUとなります。


多くのサービスの中からお客様に最適なサービスを

OEC Groupは、アジアからアメリカ向けコンテナ輸送について、多くの船社とS/C(契約)を結んでいます。
日本出しはもちろん、アジア積みの三国間物流でも、多くのサービスの中からそれぞれのお客様に最適なサービスを提案させていただきます。

  
     
  
   
  
   


14ヶ所の拠点でアメリカ本土のすべてをカバー

○○○○○○○○イメージ

アメリカに14拠点を置き、アメリカ本土の全てをカバーしています。
ぜひ、ドアデリバリーやドアからの引き取りもおまかせください。

[アメリカの拠点]
Atlanta, Boston, Chicago, Los Angeles, Cleveland, Dallas, Kansas City, Los Angeles, Miami, New york, Phoenix, San Francisco, Seattle, St. Louis


AMSも ISFも ABIも一貫して対応

○○○○○○○○イメージ

アメリカはテロ対策のため、事前にマニフェストデータ(貨物情報)の送信を義務づけています。2003年からAMS、2009年からISFが実施されましたが、OEC Groupではスムーズな物流を維持するため、その両方について独自のシステムを構築しました。
また、アメリカのOECでは通関部門を持ち、アメリカ税関の通関用インターフェイス(ABI)に対応したシステムを使用しています。

AMSからISFそして輸入通関のABIまで、OECで一貫した対応が可能となっております。

・AMS (Automated Manifest Systems)
・ISF (Importer Security Filing)
・ABI (Automated Broker Interface)


カーゴトラッキング

○○○○○○○○イメージ

アメリカ向けの貨物について、WEB上で貨物の状況を確認することが可能です。
(1)まず、OEC GroupのWEBSITEで右上に表示される「Quick Service」をクリックしてください。
(2)入力画面が表示されますので、OERTから始まるB/L番号(FCL or LCL)、もしくはコンテナ番号(FCLのみ)を入力して、虫眼鏡のマークをクリックしてください。 (3)目的地到着日、チャージの支払い状況、D/Oのリリース日などの情報が確認できます。


○○○○○○○○イメージ
※OERT以外からはじまるB/L番号、および仕向地がアメリカ以外のSHIPMENTにつきましては、直接弊社までお問い合わせください。


アメリカ国内の通関、倉庫作業や国内輸送も

○○○○○○○○イメージ

アメリカの各拠点に通関部門を持ち、またロサンゼルスに物流倉庫を持っておりますので、通関から各種作業、国内発送などの一貫した取扱が可能です。

・輸出入通関の取扱
・バン詰めやデバン、仕分け、検品、シール貼り、保管などの倉庫作業
・全米各地への発送


国際物流サービス

オーイーシーフレイトジャパン
株式会社

〒650-0024
神戸市中央区海岸通1丁目2-19
東洋ビル5階

TEL 078-327-1085
FAX 078-327-1086